続・LNTモデル下で予防原則を適用すると被ばくゼロが適切なのか

id:tasoi さん
まず先の2エントリのタイトルを変えました。
5/28のタイトルは、「被曝を極力避けるべきなのが本来妥当」(5/15コメント*1)が論点であること、また個別の話ではなく体系という一般的な話として持ちかけられたと記憶しておりますので、それらを踏まえて当方が解釈した内容に基づいて付けました。
後出しで、かつ、コメント*2で異議をいただきながらも表現を改めていない理由は、本エントリ前半にあるとおりです。


さて、先のコメントに対しまして、以下返答いたします。

最初に2つほど,誤解をとかせてください。

>LNTならばゼロでなければならない
とは私は主張していません。

>自然放射線がゼロもしくは少なくとも万人に均一であることを
>(暗黙に?)前提とされているように見えます。
とも私は主張しておらず,前提していません。
意図しない追加被曝の量については,基本的にゼロであることを前提にしています。

「意図しない」と仰いますが、公衆被ばくに意図したものはないと思いますので、医療・職業被ばくを除くという程度の意味で解釈させて頂きます。

「追加被曝」と仰いますが、どこからを追加とお考えでしょうか。既にあるフォールアウトからの線量*3はベースラインでしょうか追加被曝なのでしょうか。タバコのポロニウムはどうでしょうか。魚介等に由来するポロニウムの経口摂取はつい最近日本人の自然放射線の値に「追加」された被ばく(0.64mSv*4)ですが、含めるべきでしょうか。

現在では喫煙に次ぐ肺がんのリスク要因とみなされるようになったラドン*5について、EPAラドン低減に関する消費者ガイド*6によれば、介入を判断する数値は149Bq/m3だそうです。これをシーベルトに換算すると*7、3.76mSv/年となります。これを越えたら追加被曝になるのでしょうか。それとも世界平均(1.2 mSv)を越えているのに対策をしてもらえない範囲から追加被曝としてリスクを考えるべきなのでしょうか。ここは日本ですから日本平均(0.46もしくは0.64*8mSv)で考えるべきでしょうか。

「意図しない追加被曝の量については,基本的にゼロであることを前提」との一文からは、「意図しない追加被曝」はゼロであるべしと考えておられると判断できますし、ゼロとする基準を定められるとの考えからは、自然放射線の変動のことを考えておられるとは判断できません。

書かれた文より,mobanamaさんの言われる内容を箇条書きに整理させてください。
 ・自然放射線レベルが既に平均2mSvあり,場所によっては5mSvなどといった高い場所もあるだろう。

「だろう」じゃなくて、あります。北米・北ヨーロッパ等では、屋内ラドンは対策の対象となっていますが、そのWHO *9 の参考レベルは100Bq/m3未満。上の計算*10を適用すると約2.5mSv未満。ただし、レベルが高くそれが実際的でない地域においては300Bq/m3未満とのことなので、その場合は上の計算で、約7.5mSvです。対策の必要が言われているのは、これを越えているからです。

高自然放射線地域の大地ガンマ線について、インドのケララ州カルナガパリ地区*11では、沿岸の村における屋外放射線レベルの中央値が年4mSv。実際の被ばく量推定でも、年間10mSvを越える人々が多く含まれています(疫学調査のもっとも年間線量が高い群で平均年間約14mSv)。

 ・その自然放射線によるリスクと比較すれば,追加被曝リスクはけして大きいものではなく,誤差である。

上が基本的に線量の話であるように、リスクの前にまず線量で考えたく思います。
さて、ここでの「追加被曝」とは何を想定しておられるのでしょうか。言うまでもなく治療における医療被ばくはとても大きな「追加被曝」です。また、「誤差」についても、何に対する何の誤差か明らかではありません。
「追加被曝」が線量限度内の被ばくとのことと、「誤差」が自身の自然放射線による被ばく量の推定の誤差の範囲に含まれるという意味に解釈すれば、自然放射線の平均値および変動幅を考えれば、線量限度の1mSv/年は、大枠としては妥当に思えます。さらに踏み込んだ判断については次の項目参照。

 ・よって,現状の規制レベルを大きく超えて追加被曝量を減らす対策は,妥当ではなく経済的にも見合わない。
…以上のように解釈しています。(よろしいでしょうか?)

まず、合理的に達成できる限り低く(ALARA)という最適化の原則は、費用対効果以上の物を求めており、私は特段それに反対するつもりはありません。しかし、それはゼロを目標とすること(「意図しない追加被曝の量については,基本的にゼロであることを前提」とすること)ではないと考えております。

公衆衛生上、放射線に起因する健康リスクの低減が何よりも優先する最重要課題となっているのであれば、低減方策を真剣に検討すべきでしょう。しかし現実の場で、何をどこまで低減することが妥当であると判断するかは、問題となっている線源の量や性質、社会的な背景に依存する話ですので、一様な価値判断を下せるものではありません。

まして、現存被ばく状況下で、他の社会的リソースを圧迫することで放射線以外の要因に起因する健康リスクが増加する可能性とのバランスを考えながら段階的に考えるべきところでまで、平常時の(もしくは平常時よりも厳しい)規制値を適用すること、さらには「ゼロを前提」とすることは、無益どころか有害である場合があると考えています。


例えば、カドミウムもバックグラウンドに存在し、かつ産業的にそのレベルがあげられた汚染物質です。細胞遺伝学的毒性の報告もあるようですし、さらに体内に蓄積する慢性毒との特徴から、主食であるコメに対する規制については、枠組み的に似ているように思います。このカドミウムに対しては、歴史的に、段階的に規制値を引き下げつつ、大規模なものも含めて様々な低減策がとられてきています。これと違える必要があるのでしょうか。また、これらのリスク要因をさておいてまで、放射線にだけ「基本的にゼロであることを前提」とした対策を求める必要があるのでしょうか。なまじ簡単に測定できちゃうが故のただの「えんがちょ」リスク評価になってないでしょうか。それが全体的な公共の福祉にかなうのでしょうか。

*1:http://d.hatena.ne.jp/mobanama/20140515#c1400197509

*2:http://d.hatena.ne.jp/mobanama/20140528#c1401464822

*3:「世界全体の核実験フォールアウトによる平均実効線量率は、1963年に自然バックグラウンドの約5%でピークとなり、それ以降自然バックグラウンドの約0.2%まで下がっています」http://c-navi.jaea.go.jp/ja/background/everyday-exposures-to-ionising-radiations/atmospheric-weapons-testing/radiation-doses.html から引用。自分の備忘も含めて。

*4:http://www1.s3.starcat.ne.jp/reslnote/NATURAL.pdf

*5:ただし、ラドンについては、100Bq/m3でもリスクが有意に上がるとする報告がありますが、一方で喫煙習慣の有無によってそのリスクが全く異なるとも報告されています。現行の規制におけるラドンのリスクは、喫煙者に対しては過小評価、非喫煙者に対しては過大評価とのことです。(http://www.jrias.or.jp/member/pdf/201205_SYUNINSYA_KAI.pdf

*6:http://www.niph.go.jp/soshiki/seikatsu/radon/epaguide.pdf

*7:この計算は、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%B3#.E3.83.A9.E3.83.89.E3.83.B3.E6.BF.83.E5.BA.A6.E3.81.8B.E3.82.89.E8.A2.AB.E6.9B.9D.E7.B7.9A.E9.87.8F.E3.81.B8.E3.81.AE.E6.8F.9B.E7.AE.97 に従った。

*8:http://www1.s3.starcat.ne.jp/reslnote/NATURAL.pdf

*9:このくだりは完全にはソースに遡っていませんので参考程度に扱ってください。

*10:実際には換算係数とかも変更になっているかも。

*11:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19066487

しきい値なし直線モデル下で予防原則を適用すると被ばくゼロが適切か

id:tasoi さん
コメントをいただいてから回答まで長い時間が空いてしまい申し訳ありませんでした。

まず

<共通認識>
放射性物質による発ガンリスクには,線量に対する閾値の有無は,科学的にほとんど未確定。
・公衆衛生対策としてLNTモデルを前提することは適切。
 ⇒すなわち,閾値無しの恐れがある場合,予防原則上,被曝を極力避けるべきなのが本来妥当。

には同意しません。3行目はtasoiさんのご意見であり、なぜこれがいきなり「共通認識」とされているのでしょうか。

予防原則は"「疑わしいものはすべて禁止」といった極論"*1ではありませんし、LNTならばゼロでなければならいというデラニー条項*2のような考え方は、現在のリスク管理では採用されていないと理解しています。

またtasoiさんは、自然放射線がゼロもしくは少なくとも万人に均一であることを(暗黙に?)前提とされているように見えます。
しかし、自然放射線は世界平均で約2mSv程度あります*3。これは平均値であり、自然放射線源からの線量分布は対数正規分布に従うことが知られています。実際に世界には、ラドンや大地放射線から、5mSvとかそれ以上の自然放射線による被ばくを受けているケースがあることも知られております。この分布とその範囲の線量の健康影響の大きさを考えた時、現在の規制の枠を大きく超えてまで、放射線のことしか考えないリソースの配分を行う行為が、正当化*4されるとは限らないと考えております。

また、「引っかかる点」の記述はしきい値モデルにより現行の規制が行われているかのような仰り様ですが、そもそも放射線の規制はLNTのモデルに従っています。

「引っかかる点」について、個別に回答を用意しようと思っていましたが、詳述するだけのまとまった時間が取れないので以上とします。実質的にほぼ回答になっているかとは思いますが、なにかありましたらご指摘ください。

*1:wikipedia記事中の表現。

*2:動物実験で発がん性を示した物質は食品から検出されてはいけないとした、どんなに微量であってもリスクが認められる限りダメとの考えに基づく、1958年に米国で制定された法律。

*3:大まかにいえば、半分(約1mSv強)が空気中のラドン、1/4-1/5(約0.5mSv)が大地から。

*4:参考: http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-04-01-05 および http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=937

しきい値の有無は放射線防護体系の「大枠」か

id:tasoi

とても100字で収まる話ではなく、後でソースを確認して文言の修正をするかもしれませんので*1、はてダで。

http://b.hatena.ne.jp/tasoi/20140513#bookmark-194909014

閾値の有無は,大枠ではない』という考えをお持ちということでよろしいでしょうか。

http://b.hatena.ne.jp/tasoi/20140515#bookmark-195035978

低線量被曝では閾値有無は科学的に把握されていません(と私は判断しています)。
⇒「大枠が把握されている」の大枠に“閾値の有無”が含まれるかどうかを,問うて確認した次第です

何を対象とした、何の指標の話か明示されていないので、このままではやはり回答不能です。

極端な話、DNA損傷ならどんな低線量であれ、しきい値などありゃしません。物理的に一粒子放射線が通れば確率的に損傷を受けます。皮膚がんには明確に非常に高線量のしきい値があります。大枠も何もない、それ自身で明確な科学的知見です。

しかしながら、予防原則に対する話であること、しきい値の有無は通常全固形がんの線量に対するリスク評価で問題となることが多いことから、一般的な、放射線防護(集団を対象とした予測評価)における、横軸を線量、縦軸を全固形がんにおける発がんリスクとした話として回答します。

ICRPはPublication 99(2005)で、組織(特定のがん)によってはしきい値の存在が認められていますが、普遍的なしきい値は認められておらず、将来的に科学的に存在が認められたとしても、値が十分に小さければ、その有無は、不確実性を考慮して構築された防護体系に影響しないとして、LNTモデルが放射線防護上のモデルとしては適切であるとしています。

しきい値がないとのモデルを使っておけば、その線量に対する発がんリスクを過小評価しない「予防的」なリスク評価ができるという「大枠」の中では、しきい値の有無は問題ではありません。

質問の意図として、(放射線防護における全固形がんの線量に対するリスク評価において)しきい値の有無が大枠を決定する大きな要素の一つであるのか、という意味なら、それは大枠じゃありません、との回答になります。

これでよろしいでしょうか?
「鼻血」問題に対応した違う指標の件についての話を意図されていたのでしたら、改めてそのあたりを明確にしていただければと思います。

*1:その際、意味内容に変更が生じる場合にはその旨明記するようにします。

MacBook Air 11インチ欲しい!

MacBook Air 11インチ欲しい!

最近は、ぶくまやTwitterで発散している分、ブログはほとんど更新していない…というのは半分ウソで、ぶくまやTwitterでネタを集めていれば、むしろ

  • 1エントリに対する言及という縛りが無いもの
  • 100字や140字の縛りが無いもの
  • 深く突っ込んで調べて、その結果をまとめたいもの

などを書きたい欲求が沸いてくる。

最近でも、ハゲの話*1 *2や、デブの話*3は面白いと思ったし、拡散してみたかった。でも時間が取れないんだよね。

iPadを買ってから、通勤時間を活用して閲覧する時間は増えた。でもこれ、文字入力環境が私にはプアすぎて、発信には使えない。仕事面でもLet's Note*4の電池が死んで以来、不便してたから、今年iPad買ってなければMBAを自前で買ってたかもしれないが、買っちゃった以上当分もう一台なんか買うのは無理。

てことで万万が一、「MacBook Air 11インチ欲しい!」キャンペーンでMBAがあたることがあったら、もうちょっと更新して、科学的な情報の紹介・解説・考察とかを、もうちょっと発信できたらいいなあ。


久々だというのに、駄文エントリになってしまったが、ま、いいか。

【画像なし】テルマエ・ロマエの石畳

テルマエ・ロマエ」とは、古代ローマ(ハドリアヌス帝治世)の浴場建築技師が現代日本にタイムスリップして日本の浴場「文明」を観察するという視点からまとめられた連作漫画作品である*1。なかなか面白い作品であるのだが、非常に些細な点がひとつ気になっている。


漫画中で描かれているローマ時代の風景の中で、街路の石畳の石が丸く盛り上がっているのだ。ちょうど現代において、ローマ時代の遺跡で見られるのと同じように。


私はそれらの石畳は、敷設当時はたいらになるように葺かれていたが、ローマ帝国崩壊によってインフラ整備が停止した結果、一切葺きなおしが行われないまま千年以上の時間が経過し、その間に風雨等によって接合部分が浸食されて丸みを帯び、でこぼこの歩きにくい道になったものと思い込んでいた。


実際のところどっちなのだろうか?

【追記】

ふと思いついてポンペイ遺跡の画像をぐぐって見た。漫画のほとんど丸石で葺かれたような石畳と比べると、そんなに起伏のない石畳のように見えるんだがなあ。

*1:とある事情でいつもより文章がかたい